歯科医師や歯科衛生士の求人は職場環境の変化や口コミを見る

知識を身につけて現場で技術を磨こう

職場環境の変化

変わりつつある職場環境

歯科医院を訪れると、歯科医以外のスタッフが患者を迎えることがあります。これらの人たちは一般に歯科衛生士、あるいは歯科助手であることが多く、そのうち歯科衛生士は国家資格となっています。以前の日本では、歯科衛生士法により歯科衛生士は女性に限られていましたが、現在は男性でも資格取得は可能です。歯科衛生士の仕事内容は歯科医師の指導の下で診療の補助、保健指導を行って歯科医師をサポートすることです。具体的には歯石や歯垢の除去、診療に必要な器具の準備、カルテの管理なども行います。歯科助手では口腔ケアはできませんが、歯科衛生士はそれができます。求人は主に歯科医院、総合病院の歯科や地域の保健センター、または特別養護老人ホームなどから出されていることが多くなっています。

以前は歯科衛生士法により歯科衛生士は女性に限られていましたが、現在では男性も歯科衛生士になることが可能です。現在、歯科衛生士の求人数は他の求人に比べて比較的多いのですが、待遇面では各職場によってばらつきがあります。歯科医院指定の各種保険に加入することが出来る場合もありますが、小さな歯科医院などの場合は個人手国民健康保険への加入を求められる場合もあります。求人情報などをチェックする際は待遇面についてよく確認しておく必要があります。また、最近は審美歯科や予防歯科の分野での仕事も増加する傾向にありますので、ホワイトニングコーディネーターなどの認定制度を利用することにより、よりスキルアップすることができます。

派遣会社を選ぶ

女性の歯科医師は毎日フルタイムで働くと子育てと仕事を両立させることができません。求人を探すときは人材派遣の会社にすると良いです。無理のない範囲で契約期間中は働くことができます。

サービスの活用

看護師を募集している機関が多いことから、求人サイトでも多くの転職情報を見ることができる。看護師専門求人サイトでは会員になると公開の少ない情報を入手することができるため便利である。

口コミ情報を見る

歯科衛生士の求人を見つけるときは口コミ情報を参考にすることで、メリットとデメリットを理解することができます。専門職へ就くためには必要資格があるので、専門学校を卒業して資格を取得しなければなりません。